肘の痛みでよく聞く「テニス肘」。

名前は聞いたことがあってもテニス肘がどんな症状なのかはあまり知られていないんじゃないでしょうか。

テニスをする人がなりやすい症状なのでこう呼ばれていますが、実はテニスをやったことがない人でもテニス肘になるんですよ。

今回は、肘の痛みの中でも一番多い症状である通称「テニス肘」の原因と治し方を解説していきます。肘の痛みでお悩みの方はぜひ最後まで読んでください。

 

テニス肘の原因を説明する前に、まずは「テニス肘」とはどんな症状なのかについて簡単に紹介していきますね。

肘が痛む場所ってだいたい3ヵ所ありまして、肘の「外側」「内側」「肘頭(肘の先)」に分けることができます。

この3ヵ所のうち「テニス肘」と呼ばれる場所は肘の「外側」(手を開いた親指側)になり、難しく言うと「上腕骨外側上顆(じょうわんこつがいそくじょうか)」なんて言ったりもします。

 

テニスで肘を痛めるケースは「バックハンド」の方が「フォアハンド」よりも圧倒的に多いため、肘の外側の痛みのことを「テニス肘」と呼んでいるんです。

ちなみに肘の内側の痛みは野球のピッチャーに多いので「野球肘」と言ったりします。

 

「テニス肘」は簡単に言うと外側上顆が炎症を起こすから痛くなるんです。

炎症がよく分からないという人は捻挫を思い出してみてください。

捻挫ってぶつけたり、捻ったりすると腫れて熱っぽくなることですよね。あの腫れたり熱っぽくなる反応が「炎症」と呼ばれていて、炎症が起こるともれなくその場所には痛みを感じます。

 

「テニス肘」も外側上顆に炎症が起こることで肘の外側に痛みを感じているんです。

でも「テニス肘」になっている人のほとんどがぶつけたり、捻ったり、ましてやテニスなんかした覚えがないのに痛みを感じているんじゃないでしょうか?

それはなぜか?

その原因は、手首を使い過ぎているからです。

 

「普段手を握ることはあっても開いたり手首をクイッと反らすような動きなんてそんなにやってない」こう思った人もいるでしょうね。

でもこれが意外とそうでもなくて、僕たちの日常は手首をクイッと反らすような動きであふれているんですよ。

例えば、

  • 字を書く
  • PCを叩く
  • 洗い物をする
  • 草を抜く
  • 鍋を振る
  • 洗濯物を干す

以上のような動きでは必ず手首をクイッと反らしています。

というわけで僕たちは日頃から手首をクイックイッさせて伸筋群と呼ばれる筋肉をムチャクチャ使っているんです。

この伸筋群は使えば使うほど疲労して、その負担は伸筋群のスタート地点である「肘の外側」にかかってくるんです

「肘の外側」と言えば、そう!テニス肘で痛める場所でしたね。

つまり、

手首の使い過ぎ ⇒ 伸筋群に疲労がたまる ⇒ 肘の外側に負担がかかる ⇒ 肘の外側に炎症が起こる ⇒ テニス肘になる!

 

こうなるわけです。

だから仕事や家事が忙しい人の中にも「テニス肘」で悩んでいるケースが多いんです。

 

じゃあテニス肘になってしまったらどうすればいいのか?ここからはテニス肘をストレッチで治す方法を紹介していきます。

やり方は簡単です。

  1. 手の甲が上になるようにして肘を伸ばす
  2. 反対の手で親指以外の4本の指を掴む
  3. そのまま手前に引っ張って手首を曲げる
  4. そのまま10秒キープ

以上です。

 

ストレッチのポイントは2つ、

  1. 肘をしっかりと伸ばすこと
  2. 指をしっかりと掴むこと

これだけです。あとは指を手前に曲げていくと上手く伸びますよ。

もしこのような症状でお悩みでしたら一度台東区の浅草・千束・三ノ輪エリア、荒川区の南千住エリアのほーむ鍼灸整骨院までご相談ください!

 

 

ほーむ鍼灸整骨院情報

ほーむ鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 ほーむ鍼灸整骨院
所在地 〒111-0031 東京都台東区千束4-36-2 セピアビル1F
電話番号 03-6458-1249
休診日 日曜日/祝日
診療時間 【平日】9:00~12:40/14:00〜20:30 【土曜】9:00~15:00
アクセス方法 【電車】東京メトロ日比谷線 三ノ輪駅より徒歩約10分 都営バス 吉原大門よりすぐ

 

診療時間
【平日】9:00~12:40
【土曜】9:00~15:00
【平日】14:00~20:30