「首が痛い」「肩がこった」などと感じる場合、その多くは姿勢の悪さによる筋肉の疲れから起こっています。

例えば、パソコン画面を前のめりで見つめる作業、長時間の同じ姿勢、重心が前に傾きがちな猫背などは、上半身の筋肉の疲れを招きやすくなります。

目を酷使する作業を続けると、目の疲れと首のこりが同時に起こるケースもあります。

姿勢のほか、肥満やなで肩といった体型も、筋肉の疲れを引き起こす原因です。なで肩は肩が下がっている分、首が長くなり、首にかかる負担が大きくなるためです。なで肩を改善することはできませんが、周囲の筋肉を鍛えたり疲れがたまらないようにしたりすることは大切です。肥満に思い当たる人は、体重のコントロールに努め、関節や背骨への負荷を減らしましょう。

なお、じっとしていても痛い、突然激しく痛み始めた、長期間痛みが続く、しびれをともなうなどという場合は、病院に行くことをおすすめします。

筋肉が疲れると、血行が悪くなり、痛みやこりが起こります

長時間の同じ姿勢や悪い姿勢は、同じ場所に負担をかけ続け、その周囲の筋肉が緊張します。筋肉には収縮と弛緩を繰り返すことで血液を心臓に送るポンプのような働きがありますが、筋肉が緊張して硬くなると血管を圧迫してしまい、血流が滞ります。

血行が悪くなると、本来なら流し去られるはずの発痛物質や疲労物質が筋肉に留まってしまうため、痛みやこりが起こるのです。

冷えやストレス、喫煙によっても筋肉が緊張し、血行が悪くなります

首や肩のこりをさらに悪化させるものに、冷えやストレスがあります。体の冷えは、筋肉の緊張を招き、血流が滞るからです。また、ストレスは交感神経を活発にすることで、筋肉を緊張させます。デスクワークなどで同じ姿勢を続ける人は、冷えやストレスにも気をつけるとよいでしょう。

ちょっとした息抜きやリラックスとしてタバコが手放せないという人もいますが、タバコは交感神経を興奮させ、血管を収縮させます。さまざまな疾病のリスクも高まるので、禁煙に取り組むことをおすすめします。

体のこりを防ぐカギは、正しい姿勢と血流促進です

首こり、肩こりに悩む人は、まず正しい姿勢を心がけてください。特に、首が前方に出る前のめりの姿勢を避け、同じ姿勢を続けるときはストレッチを取り入れて筋肉の緊張をほぐすと効果的です。

全身の血流を促すには、適度な運動をおすすめします。親しい人と一緒にウオーキングを楽しむなど、ストレス解消にもつながるような運動が理想的です。家の中で手軽に実行できる方法としては、入浴があります。温まると血管が拡張して血行がよくなるので、滞留していた発痛物質や疲労物質を流し去ることができます。浮力により体全体の緊張がほぐれる効果や、ぬるめのお湯に入ればリラックス効果も得られます。

 

首こり・肩こりでお悩みの方は一度ほーむ鍼灸整骨院にご相談ください!

 


ほーむ鍼灸整骨院

 

ほーむ鍼灸整骨院情報

ほーむ鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 ほーむ鍼灸整骨院
所在地 〒111-0031 東京都台東区千束4-36-2 セピアビル1F
電話番号 03-6458-1249
休診日 日曜日/祝日
診療時間 【平日】9:00~12:40/14:00〜20:30 【土曜】9:00~15:00
アクセス方法 【電車】東京メトロ日比谷線 三ノ輪駅より徒歩約10分 都営バス 吉原大門よりすぐ

 

診療時間
【平日】9:00~12:40
【土曜】9:00~15:00
【平日】14:00~20:30