世の中で腰痛に悩む女性は多いです。特に座りっぱなしの仕事だと、慢性的な腰痛を抱えている人も多いのではないでしょうか。

痛みがひどくなると、集中力にも欠け、仕事ができなくなることもあります。

毎日腰のストレッチをしているのに腰痛が出てしまうという人も、腰痛が慢性化していると、なかなか改善されないもの。

明日も1日座りっぱなし、という人のために、座りっぱなしでも腰痛にならない対策を紹介していきます。

 

デスクワークで起きる腰痛の原因

・背中が丸まっている猫背

よく言われることですが、猫背などの悪い姿勢は腰に負担がかかってしまいます。猫背というのは、頭や肩が前に出て背中が丸まっている状態のことを言います。

この姿勢は重心が前にかかりすぎてしまうため、腰への負担が大きくなるのです。

この姿勢は首猫背とも言われ、長時間パソコンなどをしている人に多く見られる姿勢です。パソコンだけでなく、スマホなどを長時間触っている人もこの姿勢になりやすいと言われています。

猫背は腰痛だけでなく、下方向に力がかかるので、顔のたるみなども引き起こします。

・下腹が前に突き出ている姿勢

猫背だけでなく、下腹が前に出ている姿勢も腰に負担がかかります。頭が前に出ていて、肩が後ろに下がって、さらに下腹が出ている姿勢は重心が後ろにかかってしまい、腰だけでなく膝にも負担がかかる姿勢です。

・反り腰の姿勢

腰が反っている姿勢も腰に負担がかかります。肩が後にきて、胸が前に出ているため、一見姿勢よく見えるのですが、正常なS字カーブではなく、背骨が不自然なカーブを描いているため、腰に負担がかかります。
また、足の筋肉や背中にも負担がかかってしまう姿勢です。

・肩の高さが違う

左右の肩の高さが違っている場合、腰椎が傾き、椎間板ヘルニアを起こしやすくなります。こちらも、腰痛の原因となります。

長時間座りっぱなしでいると...

長時間同じ姿勢でいると、筋肉は硬くなります。運動不足も加わり、椎間板や腰のまわりを支える筋肉が衰えてしまい、腰にかかる負担が大きくなります。

筋肉が硬くなることで、少しの動きで筋肉を痛めてしまうこともあります。

運動不足は血行を悪くして筋肉を硬くするとともに、脂肪がつきやすくなり体重が増えることで腰への負担も多くなります。

また、運動不足は骨の衰えに拍車をかけ、骨粗しょう症の原因となり、それも腰痛の原因となります。

 

腰に負担のかからない座り方を心がけましょう

  • 椅子に深く座り、背もたれに背中をつけて座ります。
  • 顎を引き、頭はまっすぐにしましょう。
  • 太ももをそろえ、膝をつけ、膝は90度になるようにします。
  • 膝関節が股関節よりも高くなるよう、椅子の高さを変える、台を使うなどをして調節をします。
  • 椅子と机の間隔をあけすぎないようにしましょう。
  • 足の裏はしっかりと床につけてください。

 

以上デスクワークで起きる腰痛について紹介していきました。

その他腰痛でお困りのことがありましたら、ほーむ鍼灸整骨院にご相談ください!

 

 

 


ほーむ鍼灸整骨院

 

ほーむ鍼灸整骨院情報

ほーむ鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 ほーむ鍼灸整骨院
所在地 〒111-0031 東京都台東区千束4-36-2 セピアビル1F
電話番号 03-6458-1249
休診日 日曜日/祝日
診療時間 【平日】9:00~12:40/14:00〜20:30 【土曜】9:00~15:00
アクセス方法 【電車】東京メトロ日比谷線 三ノ輪駅より徒歩約10分 都営バス 吉原大門よりすぐ

 

診療時間
【平日】9:00~12:40
【土曜】9:00~15:00
【平日】14:00~20:30