こんにちは!ほーむ鍼灸整骨院です。

皆さんはばね指というものをご存知でしょうか?

ばね指とは弾発指とも言い、いわゆる指の腱鞘炎のことです。一般的に女性の人に多いといわれている疾患です。

今回はそのばね指についてご紹介していきます。

ばね指になりやすい人

 ①ゴルフ、野球、テニス、など棒状のものを強く握るスポーツをされている方

 ②編み物など日常や仕事で指をよく使う方

 ③更年期を過ぎた女性や、周産期の女性

 ④糖尿病や腎透析などの内科的疾患がある方

この中でも一番多いのがゴルフなどのスポーツ初心者です。

ゴルフクラブやラケットの時のインパクトのときに強い衝撃に耐えられず、腱が傷つき発症してしまうケースがあります。

ばね指の症状

 ・指の曲げ伸ばし時に、引っかかる感じがある(スムーズに曲げ伸ばしができない)

 ・曲げようとするとカクンとした衝撃がある

 ・伸ばそうとするとばねが弾けたように勢いよく伸びる

 ・指の付け根部分に痛みや腫れがある

 ・指が一定の角度で曲がったままそれ以上伸びない

また、ばね指は朝に症状が強くなり日中になると症状が軽減するケースが多いです。

これは寝ている間に指の関節や筋肉が固まってしまい、朝起きると症状が強く出ている状態です。

寝ているときに指の関節や筋肉を固めてしまうと睡眠時に回復力が低くなってしまいます。

 

ばね指の治療法

1.保存的療法

・安静とアイシング

ばね指の治し方の基本になってくる安静とアイシングが大切です。

まずは、ばね指を起こしている関節を、器具やテーピングで固定する療法を行います。アイシングは痛みが引いたら止めてください。

アイシングをいつまでも行っていると、血管が収縮したままになるため、コブの原因である緊張物質や老廃物の排出が遅れ、治りも遅くなります。

・物理療法とマッサージ

鍼やマッサージで体内循環を高める治し方です。患部を直接刺激すると、炎症や痛みが増大するので周りの筋をほぐすようにしましょう。

効果としては、血行や筋肉周辺の循環がよくなることで、コブに蓄積した緊張成分や老廃物の排出が促進されます。

 

2.手術療法

長期間(3ヶ月以上)改善されなかったり、短期間で回復させたい時は手術を選択します。ただし腱鞘をカットするので、リスクがあることも覚悟してください。

腱鞘を切ると、想定外の影響がでることもあります。ばね指の手術は難しくありませんが、血管や神経などが複雑に絡んでいるので、危険をともなうこともあります。

 

今回はばね指について紹介していきました。

ばね指で悩んでいる方、一度ほーむ鍼灸整骨院にご相談ください!

 

 

 

 


ほーむ鍼灸整骨院

 

ほーむ鍼灸整骨院情報

ほーむ鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 ほーむ鍼灸整骨院
所在地 〒111-0031 東京都台東区千束4-36-2 セピアビル1F
電話番号 03-6458-1249
休診日 日曜日/祝日
診療時間 【平日】9:00~12:40/14:00〜20:30 【土曜】9:00~15:00
アクセス方法 【電車】東京メトロ日比谷線 三ノ輪駅より徒歩約10分 都営バス 吉原大門よりすぐ

 

診療時間
【平日】9:00~12:40
【土曜】9:00~15:00
【平日】14:00~20:30