こんにちは!ほーむ鍼灸整骨院です。

日常生活の中で手が痺れる事があると、何か怖い病気なのではないかと心配になりまりませんか?

しびれが起こる原因は様々ですべてが怖い病気ということではありません。

今回は手のしびれの原因についてご紹介していきます。

 

①手根管症候群

手首には手根管(しゅこんかん)という、指の神経が束になった部分があります。

手根管はトンネルのように狭くなっているので、神経が圧迫されやすい部分です。

そこで神経が圧迫されると、親指から薬指の内側半分までのどこかでしびれや痛みが生じてきます。これが手根管症候群です。

原因はまだ解明されていませんが、女性に多い病気なので女性ホルモンにが影響しているとも言われています。

★症状

・親指から薬指の内側半分まででのみしびれが出る

・手のひらだけにしびれが出る

・夜間や早朝に強いしびれが出る

 

 

②血行不良

長時間正座をした時に足がしびれたという経験は誰もがあるのではないでしょうか。これは、体重で足の血管を圧迫して血行不良が起こり、末端の神経が圧迫されて起こるしびれです。

腕枕をして眠り、起きた時に腕の感覚がないというのも血行不良が原因で起こるしびれです。このような場合のしびれは、圧迫を解くことで次第に改善されていきます。

しかし、血行不良によるしびれは一時的な圧迫によるものばかりではありません。ストレスなどが原因で自律神経のバランスが崩れたりすると、血行不良となり慢性的にしびれを感じることがあります。

手足の神経や脳の神経などを調べてもらっても原因が見つからない場合は、血行不良によるしびれである可能性が高いです。

全身の血行を良くするように心がけましょう。血行を良くするには、お風呂でゆっくり体を温める・姿勢を良くする・軽い運動を日課にする、といった方法がありますのでぜひ試してみてください。

 

③胸郭出口症候群

★どんな病気か

鎖骨(さこつ)周辺で腕神経叢(わんしんけいそう)という腕や手指に行く神経の束が、腕や手指に行く鎖骨下動脈や鎖骨下静脈という血管とともに圧迫されて起こる病気です。

心臓から続く血管が、胸郭を出た所で神経とともに圧迫されるので、この名称があります。

首や肩・腕をある特定の位置にもっていくと、腕や手指にしびれやだるさ、痛みなどの症状が現れます。首が長く、なで肩の女性に多いのが特徴です。

★原因

鎖骨周辺で神経や血管を圧迫する原因がいくつかあり、これらをまとめて胸郭出口症候群と呼びます。

前斜角筋(ぜんしゃかくきん)と中斜角筋(ちゅうしゃかくきん)という首の筋肉の間で圧迫されると斜角筋症候群、鎖骨と第1肋骨の間で圧迫されると肋鎖(ろくさ)症候群、

小胸筋を通る時に圧迫されると小胸筋症候群、頸椎(けいつい)にある余分な肋骨で圧迫されると頸肋(けいろく)症候群といいます。

★症状

手指や腕のしびれ、熱感・冷感、脱力感で始まります。徐々に首や肩、肩甲部のうずくような痛みが現れます。

電車のつり革につかまる時のように肩をあげて後ろに反らす運動や、首を反対側に傾けてさらに後ろへ反らす運動をする時に症状が強くなります。

神経が圧迫されるとしびれや痛みが現れ、動脈が圧迫されると腕や手指の色が蒼白になり、静脈が圧迫されると腕や手指の色が暗青紫色になります。

進行すると、このような動作がまったくできなくなってしまいます。

 

この他にも、脊椎の疾患や鎖骨周辺、肺の腫瘍などで起こる痛みやしびれなどもあるので、症状がある場合は一度整形外科を受診してみてください。

正しい診断を受けて治療を開始することが大切です。

手の痺れでお困りの方は一度、ほーむ鍼灸整骨院にご相談ください!!

 


ほーむ鍼灸整骨院

 

ほーむ鍼灸整骨院情報

ほーむ鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 ほーむ鍼灸整骨院
所在地 〒111-0031 東京都台東区千束4-36-2 セピアビル1F
電話番号 03-6458-1249
休診日 日曜日/祝日
診療時間 【平日】9:00~12:40/14:00〜20:30 【土曜】9:00~15:00
アクセス方法 【電車】東京メトロ日比谷線 三ノ輪駅より徒歩約10分 都営バス 吉原大門よりすぐ

 

診療時間
【平日】9:00~12:40
【土曜】9:00~15:00
【平日】14:00~20:30