胸郭出口症候群て??

胸郭出口症候群とは、鎖骨と一番上の肋骨の間にある隙間のことをさし、胸郭出口が狭くなることにより、胸郭出口を通っている神経や血管を圧迫するために、肩・腕に様々な症状が出る状態は胸郭出口症候群です。
胸郭出口症候群の特徴として、「手を上にあげると痛みが起こる」があげられ症状として多いのは、

「肩や首のこり・痛み」「腕から手にかけての痺れ」「腕のだるさ」があります。
胸郭出口症候群で、血管が圧迫されている場合は、血管が圧迫されることにより、「手指の冷感」「指先が蒼白・紫色」になることもあります。
胸郭出口症候群はなで肩の女性に多くみられる傾向があるともいわれ、

姿勢の悪さや精神的なストレスが加わると胸郭出口症候群が起こりやすいとも考えられています。

胸郭出口症候群の場合、鎖骨周辺で神経や血管を圧迫する原因がいくつかあり、これらをまとめて胸郭出口症候群と呼びます。

前斜角筋と中斜角筋という首の筋肉の間で圧迫されると斜角筋症候群、鎖骨と第1肋骨の間で圧迫されると肋鎖症候群、小胸筋を通る時に圧迫されると小胸筋症候群、頸椎にある余分な肋骨で圧迫されると頸肋症候群といいます。

胸郭出口症候群の症状
胸郭出口症候群の場合、手指や腕のしびれ、熱感・冷感、脱力感で始まります。徐々に首や肩、肩甲部のうずくような痛みが現れます。胸郭出口症候群の症状は、電車のつり革につかまる時のように肩をあげて後ろに反らす運動や、首を反対側に傾けてさらに後ろへ反らす運動をする時に強くなります。  神経が圧迫されるとしびれや痛みが現れ、動脈が圧迫されると腕や手指の色が蒼白になり、静脈が圧迫されると腕や手指の色が暗青紫色になります。進行すると、このような動作がまったくできなくなります。

胸郭出口症候群の場合、手術以外、西洋医学のブロック注射、理学療法、鎮痛剤、シップなどの治療より、鍼灸の治療が抜群の効果を発揮します。

 

hari_hand

台東区の千束・三ノ輪・浅草エリア、荒川区の南千住エリアのほーむ鍼灸整骨院では手技・電気療法に加えて鍼灸治療を推奨しております。
胸郭出口症候群の鍼灸治療メカニズム
鍼で、胸郭出口症候群の局部に血液、リンパの流れる量や免疫細胞の量を増やし、炎症したところの老廃物を消去し、凝りの元である炎症組織を修復します。
手技で、圧迫している神経、血管を解除してゆきます。

先ずは、台東区の千束・三ノ輪・浅草・駒形エリア、荒川区の南千住エリアのほーむ鍼灸整骨院専門家のスタッフへご相談ください。

 

ほーむ鍼灸整骨院情報

ほーむ鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 ほーむ鍼灸整骨院
所在地 〒111-0031 東京都台東区千束4-36-2 セピアビル1F
電話番号 03-6458-1249
休診日 日曜日/祝日
診療時間 【平日】9:00~12:40/14:00〜20:30 【土曜】9:00~15:00
アクセス方法 【電車】東京メトロ日比谷線 三ノ輪駅より徒歩約10分 都営バス 吉原大門よりすぐ
診療時間
【平日】9:00~12:40
【土曜】9:00~15:00
【平日】14:00~20:30