歩くときや、走っている時、座っている時から立ち上がる時、階段の昇降時などでの膝の痛みにお困りの方、整形外科へ行ってもなかなか良くならないというかたいらっしゃいませんか??

その膝の痛み、台東区の浅草・千束・三ノ輪エリア、荒川区の南千住エリアのほーむ鍼灸整骨院に一度ご相談ください!

 

膝の痛みの原因は加齢による膝の変形・筋力低下による膝不安定感・怪我による古傷の痛み・使いすぎスポーツ中の激しい運動や老化による変形などで骨と骨がぶつかり関節の軟骨がすり減ることで痛みが出ることがあります。

生まれつき膝の関節が変形している場合でも同じような症状が出現します。

その他にも膝の関節には色々な靭帯や筋肉が付着しているので、歩き過ぎなどで繰り返し負担を掛けることで疲労が蓄積して痛みに変わることも多いです。

膝が悪い人が雨の日に痛むのは、気圧の変化が原因で気圧の低下により交感神経(緊張する神経)が活発になり、ノルアドレナリンという物質が分泌され血管が収縮⇒血行不良になり痛みが出ます。

 

なぜ膝が痛むのか、それにはいくつか原因があります。

それはスポーツなどでも膝の酷使(使い過ぎ)、運動不足による膝の老化や肥満、不適切な姿勢や動作、スポーツなどでの捻挫など様々な原因があります。

 

 

今日は膝の痛みの中でも多い、腸脛靭帯炎(ランナー膝)、鵞足炎についてお話をします。

 

まず腸脛靭帯炎(ランナー膝)とは何か、、、

腸脛靭帯炎は膝の外側が痛くなります。主な原因はオーバーユース(使い過ぎ)です。

過剰なランニング時間と距離、柔軟性不足(ウォームアップ不足)、休養不足、硬い路面や下り坂、硬いシューズ、下肢アライメント(内反膝)など、さまざまな要因が加味されています。

膝の屈伸運動を繰り返すことによって腸脛靱帯が大腿骨外顆と接触(こすれる)して炎症(滑膜炎)を起こし、疼痛が発生します。特にマラソンなどの長距離ランナーに好発します

 

次に鵞足炎とは何か、、、

鵞足炎は逆に膝の内側に痛みが出ます。鵞足炎も主にオーバーユース(使い過ぎ)から起こることが多いです。

発生機序なども腸脛靭帯炎と類似します。

それのほかにX脚なども関わってきます。

 

どちらともセルフケアはアイシングやストレッチ、痛みが強いときはスポーツを一度休み安静にすることが一番いいです!

 

他にも足首が硬くて膝に負担がかかったり、腰の症状からだったり、肩からも原因になることがあります。

台東区の浅草・千束・三ノ輪エリア、荒川区の南千住エリアのほーむ鍼灸整骨院ではしっかりと原因を探し、マッサージを含む手技、電気治療、鍼治療を患者様の症状に合わせて治療していきます。

 

今の膝の症状、諦めずに一度私たち台東区の浅草・千束・三ノ輪エリア、荒川区の南千住エリアのほーむ鍼灸整骨院にご相談ください!!

 

ほーむ鍼灸整骨院情報

ほーむ鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 ほーむ鍼灸整骨院
所在地 〒111-0031 東京都台東区千束4-36-2 セピアビル1F
電話番号 03-6458-1249
休診日 日曜日/祝日
診療時間 【平日】9:00~12:40/14:00〜20:30 【土曜】9:00~15:00
アクセス方法 【電車】東京メトロ日比谷線 三ノ輪駅より徒歩約10分 都営バス 吉原大門よりすぐ
診療時間
【平日】9:00~12:40
【土曜】9:00~15:00
【平日】14:00~20:30