こんにちは!

今日はスポーツでのケガ、特に膝の怪我についてご紹介します。

陸上、野球、サッカー、バスケットボールなどで膝が痛くなった、、、そういった経験はないでしょうか?

陸上、野球、サッカー、バスケットボールなどのスポーツで膝に痛みを抱えている方は台東区の三ノ輪・千束・浅草エリア、荒川区の南千住エリアのほーむ鍼灸整骨院で専門治療で改善することができます。

 

スポーツでの膝の痛みにはいろいろな種類があります。まずはランナー膝(腸脛靱帯炎)、ジャンパー膝(膝蓋靱帯炎)、オスグッド・シュラッター病etc…があります。

今日は小学校高学年~高校生に多いオスグッド・シュラッター病を紹介します。

 

 

まずオスグッド・シュラッター病とはなにか…

オスグッド・シュラッター病はサッカーやバスケットボールなどのスポーツをする小学校高学年~高校生に多く見られ、膝の脛骨が出っ張って痛むという骨軟骨炎なんです。

脛骨結節(お皿の下の骨)が徐々に突出してきて、痛がります。時には、赤く腫れたり、熱を持ったりします。休んでいると痛みが無くなりますが、スポーツを始めると痛みが再発します。
発育期のスポーツ少年に起こりやすいのが特徴です。

 

%e3%82%a2%e3%82%ad%e3%83%ac%e3%82%b9%e8%85%b1%e7%82%8e%e3%80%80

 

どうしてオスグッド・シュラッター病になるのか…

オーバーユース(使い過ぎ)で成長期の骨の柔らかい時期に、激しい運動をすることで膝の付近の筋肉の

付着部分が引っ張られ、膝下の骨が隆起したり、剥がれてしまったりすることによって炎症がおこります。

これに対して、体の回復力が追いつかないと長期的に痛むことになります。

症状には個人差があって、歩くことが困難なくらいの痛みを訴える人も

いれば、激しくジャンプした時や、運動後だけ痛むひともいます。

安静にしていると痛みはありませんが、膨らんでいる部分を押した時に

痛み(圧痛)があり、運動時、特に膝を曲げたり痛む方の膝に体重を

かけると骨の膨らんでいる部分が痛みます。

 

スポーツをしていて、膝が痛くなった、そういう時の応急処置は患部をアイシングすることが大事です。

そのままにしておくと膝をかばって腰痛をおこしたりと他のところにも症状がでてくることもあります。

 

オスグッド・シュラッター病にならないための予防としては大腿四頭筋のストレッチが不可欠です!

ほーむ鍼灸整骨院ではこのような症状の患者様を多く診てきました。

症状の改善から再発防止の指導まで患者様と一緒になって治療していきますので、気になる方は是非一度ご相談ください!

 

ほーむ鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 ほーむ鍼灸整骨院
所在地 〒111-0031 東京都台東区千束4-36-2 セピアビル1F
電話番号 03-6458-1249
休診日 日曜日/祝日
診療時間 【平日】9:00~12:40/14:00〜20:30 【土曜】9:00~15:00
アクセス方法 【電車】東京メトロ日比谷線 三ノ輪駅より徒歩約10分 都営バス 吉原大門よりすぐ

 

診療時間
【平日】9:00~12:40
【土曜】9:00~15:00
【平日】14:00~20:30