自律神経失調症とは?

自律神経失調症とは、体に何らかの症状が出ているのにも関わらず、病院の検査で異常がないと診断される病気のことです。 近年は増加傾向にあり、自律神経失調症はうつ病へと移行する病気として一部では注意を呼び掛けています。 特にストレスを抱えている方が患いやすく、慢性化すると非常に治りにくくなる病気です。

症状も頭から足まで色々な症状が出るのが特徴的です。自律神経失調症の原因は、自律神経が乱れることで、 自律神経には、交感神経と副交感神経とがあり、交感神経は体や脳を働かす神経であり、副交感神経は体を休ませて回復させる神経。

昼間は交感神経が働くため、脳や体が活動しやすく、夜は副交感神経が働くので眠たくなり活動が停止します。 朝に疲れが取れているのは、夜寝ている間に副交感神経が働き疲れを回復させています。 (朝起きても疲れが取れない状態が2週間以上続いている場合は、自律神経失調症と言われています。)

自律神経は、交感神経が働くときは副交感神経が働かず、副交感神経が働くときは交感神経が働かないというようにバランスを取ってます。

自律神経失調症は、この交感神経と副交感神経のバランスが崩れるために起きます。
バランスを崩す方向は、交感神経がたくさん働きがちになるのが現代の自律神経失調症の特徴であり、 そのため副交感神経が働かなくなるので、動悸がしたり不眠症になったり食欲が落ちたりするのです。

 

また自律神経失調症は、更年期障害や思春期の内分泌系の変調をきたす時期に起こりやすい傾向も見られます。 統計的に見ても女性は自律神経失調症にかかりやすいのです。 これは、自律神経失調症は女性ホルモンが関係しているからなのです。
女性ホルモンは、脳の視床下部というところでコントロールされています。実はこの視床下部では、自律神経の働きもコントロールしているのです。
ですから、女性ホルモンのバランスが乱れると自律神経も影響されてバランスを崩すことがあるというわけです。

%e7%9c%a0%e3%82%8c%e3%81%aa%e3%81%84

治療法

 

治療法としては、心療内科や神経科に通院し、抗不安薬やホルモン剤を用いた薬物療法、睡眠の周期を整える行動療法などが行われたりしています。

台東区の三ノ輪・千束・浅草エリア、荒川区の南千住エリアのほーむ鍼灸整骨院ではマッサージやストレッチ、鍼灸治療、電気療法することによって筋肉の緊張を和らげ、身体や脳の疲労、ストレスを解消する事によって症状の軽減・回復が見込められます。

自律神経失調症というのは誰にでもおこりうる症状です。本人には自覚のない状態のうちに、徐々に症状が増えていくのも特徴です。

台東区の三ノ輪・千束・浅草エリア、荒川区の南千住エリアのほーむ鍼灸整骨院では自律神経の不調やストレスに悩む方のご相談お待ちしております。

 

ほーむ鍼灸整骨院情報

ほーむ鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 ほーむ鍼灸整骨院
所在地 〒111-0031 東京都台東区千束4-36-2 セピアビル1F
電話番号 03-6458-1249
休診日 日曜日/祝日
診療時間 【平日】9:00~12:40/14:00〜20:30 【土曜】9:00~15:00
アクセス方法 【電車】東京メトロ日比谷線 三ノ輪駅より徒歩約10分 都営バス 吉原大門よりすぐ
診療時間
【平日】9:00~12:40
【土曜】9:00~15:00
【平日】14:00~20:30