足首の捻挫はバスケットボールやバレーボール、野球、サッカー、陸上など色々なスポーツで頻発する怪我だと思います。

整形外科へ行ってもレントゲンをとって骨に異常がなければ湿布や痛み止めなどの処方だけで終わることも多いと思います。

台東区の三ノ輪・千束・浅草エリア、荒川区の南千住エリアのほーむ鍼灸整骨院ではその痛みを改善することが出来ます!

 

足首の捻挫には大きく分けて2種類あります。

 

まず捻挫の中で最も多い「 内反捻挫 」

ジャンプの着地や地面に足を取られてしまったときに足首が内側に向くようにひねった捻挫を内反捻挫と言います。

この時足首の外側にある靱帯(前距腓靱帯、踵腓靱帯etc…)が伸ばされて部分的に切れてしまったり、重症な場合は完全に切れることもあります。

 

次に頻度は少ないが受傷すると骨折や靱帯断裂を伴うことの多い「 外反捻挫 」

溝につまづいた時やサッカーのキックなどで受傷することが多く内側の靭帯(三角靱帯)を痛めます。

先ほども書いた通り頻度は少ないですが受傷すると骨折や靱帯断裂を伴うことが多く、選手生命をも脅かすほどの怪我です!

 

 

「足首捻挫 イラスト」の画像検索結果

 

 

 

捻挫の初期症状としては

・安静時痛 じっとしていても痛みを感じます。

・動作時痛 足首を動かしたり体重がかかると外くるぶしが痛みます。

・圧痛

・腫れ

・皮下出血 血がたまりあざのようになります。

・熱感 触ると熱っぽさを感じます。

 

これらが足関節捻挫の主な症状となります。

 

 

捻挫をした日から約3日間は熱感や腫れなどの症状が続きます。

捻挫は初期の応急処置がとても大事になります。

捻挫をしたらまずRICE治療をしましょう!

 

RICE治療とはR:Rest(安静) I:Ice(冷却) C:Compression(圧迫) E:Elevation(挙上)

この4つの頭文字をとったものをいいます。

足首の捻挫だけではなく急性の症状(ぎっくり腰などの急性腰痛、寝違えなど)にもこの処置方法は大切になります。

 

台東区の三ノ輪・千束・浅草エリア、荒川区の南千住エリアのほーむ鍼灸整骨院では症状に合わせて手技(ストレッチ、マッサージetc…)治療、電気治療、鍼治療、超音波治療、テーピング、包帯固定などで治療をしていきます。

捻挫は初期の処置が本当に大事になり、放置したら足をかばい歩き方がかわり、体にも負担がかかり腰痛などを引き起こすこともありますので気軽にご相談ください!

 

 

 

 

 

ほーむ鍼灸整骨院情報

ほーむ鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 ほーむ鍼灸整骨院
所在地 〒111-0031 東京都台東区千束4-36-2 セピアビル1F
電話番号 03-6458-1249
休診日 日曜日/祝日
診療時間 【平日】9:00~12:40/14:00〜20:30 【土曜】9:00~15:00
アクセス方法 【電車】東京メトロ日比谷線 三ノ輪駅より徒歩約10分 都営バス 吉原大門よりすぐ
診療時間
【平日】9:00~12:40
【土曜】9:00~15:00
【平日】14:00~20:30