膝の内側が痛い、整形外科で鵞足炎と診断され湿布を貼っても一向に痛いが取れないそんな方はいらっしゃると思います。

まず鵞足炎とは骨盤から付着している筋肉、半腱様筋腱(はんけんようきんけん)、薄筋腱(はっきんけん)、縫工筋腱(ほうこうきんけん)は脛骨(けいこつ)の近位内側にまとまって付着・停止しています。

この3つの腱を総称して鵞足と呼び、この部分に起こる炎症を鵞足炎といいます。

鵞足は内側側副靭帯(ないそくそくふくじんたい)の表層にあり、膝の屈伸運動に伴って側副靭帯との摩擦により痛みを生じる可能性があり、またハムストリングスの一部である半腱様筋腱と薄筋腱の緊張が強いと膝関節痛の原因になるとされています。

いわゆる機械的ストレスによるオーバーユース症候群とされています。

 

 

%e3%82%ac%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%a6

 

・症状の現れ方

ランニング・ジャンプ・ステップ動作などに伴って、脛骨近位内側部に痛みが生じるようになります。

通常は運動後に発症することが多く、徐々に進行して歩行や階段昇降に伴っての痛みが現れます。

普段、スポーツをしていない人が急にランニングなどのスポーツを始めた場合やX脚、回内足などの下肢アライメント(骨や関節の並び方)の異常を伴う場合、骨端線閉鎖前の筋緊張の強い時期などに症状が強く出やすいとされています。

鵞足の緊張が強い場合は、膝関節の完全伸展が困難となります。

 

実は、鵞足炎の原因は、「筋肉の硬さ」が大きく関わっています。そして、その筋肉を硬くしているのは、あなた自身の「普段の姿勢」や「体の使い方のクセ」が原因なのです。

鵞足炎は、「膝の内側」に痛みがありますが、この膝の内側には、スポーツをするときや、立ったり座ったりの動作のときに、よく使われる筋肉が集まったところです。そのため、普段から、体に負担のかかる姿勢や、体に負担のかかる動き方をすることで、筋肉が引っ張られたり、捻じれるということが起き、筋肉が疲れて、硬くなってしまうのです。

なかなか治らない鵞足炎には台東区の三ノ輪・千束・浅草エリア、荒川区の南千住エリアのほーむ鍼灸整骨院にお任せください。

手技療法、鍼灸療法、テーピング、ストレッチなど台東区三ノ輪・千束・浅草エリア、荒川区の南千住エリアのほーむ鍼灸整骨院の専門治療を受けましょう。

 

ほーむ鍼灸整骨院情報

ほーむ鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 ほーむ鍼灸整骨院
所在地 〒111-0031 東京都台東区千束4-36-2 セピアビル1F
電話番号 03-6458-1249
休診日 日曜日/祝日
診療時間 【平日】9:00~12:40/14:00〜20:30 【土曜】9:00~15:00
アクセス方法 【電車】東京メトロ日比谷線 三ノ輪駅より徒歩約10分 都営バス 吉原大門よりすぐ
診療時間
【平日】9:00~12:40
【土曜】9:00~15:00
【平日】14:00~20:30