走ることが多いスポーツ(バスケットボール、野球、サッカー、陸上など)に多く発生するすねの痛みがあります。

運動時や運動後に下腿(すね)の内側下3分の1辺りに慢性的な痛みが起こるものを「シンスプリント」あるいは「脛骨過労性骨膜炎」といいます。

台東区三ノ輪・千束・浅草エリア、荒川区の南千住エリアのほーむ鍼灸整骨院でそのシンスプリントの治療をしていくことが出来ます。

 

ではなぜシンスプリントになるのか、それは 反復するランニングやジャンプにより下腿の内側の骨に刺激が加わる事と、足首や足の親指で地面を蹴る筋肉が、下腿骨の骨膜を引っ張り炎症が起こるためだと考えられています。

シンスプリントにはいくつか起こりやすい誘因があります。

①練習量・方法

練習量が多くなれば当然シンスプリントになる危険が増えます。また練習方法(反復する動作など)に問題があることも誘因となります。

②身体的特徴

扁平足があるとなりやすいといわれています。また、靴の踵の外側がすぐすり減る人は、 回内足といい、シンスプリントになりやすいといわれます

③走る場所

硬い地面を走ると起こりやすくなるようで、特に舗装道路でのランニングは誘因となる可能性があります。また平坦ではない場所(舗装道路では中央が高くなっている)を走ることもよくないということです。

④装備

靴は慎重に選ぶようにします。ソールとヒールがしっかりしているもので、柔軟性のあるものを選びます。すり減った靴はこまめに変えなければなりません。

⑤基礎的な体力

筋肉のバランス・筋持久力。柔軟性などが低下していると起こりやすくなるといわれています。

以上の要素を持っている人は注意が必要です。

 

シンスプリントの痛みを放置しておくと、股関節痛や腰痛などにもかかわっていきます。

台東区三ノ輪・千束・浅草エリア、荒川区の南千住エリアのほーむ鍼灸整骨院ではそのような痛みをマッサージ、鍼治療、テーピング、ストレッチ指導などで改善していきますので、気軽にご相談ください!

 

 

 

ほーむ鍼灸整骨院情報

ほーむ鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 ほーむ鍼灸整骨院
所在地 〒111-0031 東京都台東区千束4-36-2 セピアビル1F
電話番号 03-6458-1249
休診日 日曜日/祝日
診療時間 【平日】9:00~12:40/14:00〜20:30 【土曜】9:00~15:00
アクセス方法 【電車】東京メトロ日比谷線 三ノ輪駅より徒歩約10分 都営バス 吉原大門よりすぐ
診療時間
【平日】9:00~12:40
【土曜】9:00~15:00
【平日】14:00~20:30