打撲

この様なことで
お困りではありませんか?

  • 体を固い所にぶつけた
  • 階段や路上で転倒
  • 人と衝突した
  • スポーツ中に接触
  • ドアの隙間に指を挟んだ

打撲とは?

衝撃によって筋繊維や毛細血管が傷つくことを言います。
強い衝撃に関わらずちょっとした衝撃でも組織は傷つきます。

打撲
主な原因と放置しておくとどうなるか

内出血を伴う場合は皮膚が青紫色になり、腫れて熱を持ちます。
内出血を伴わなくても動かすと痛みが生じ可動域が落ち運動が制限されます。
放置すると早期に治るはずの組織の修復が遅れ、痛みが残ったり、筋力の低下を招く可能性もあります。

打撲における
ほーむ鍼灸整骨院
具体的な施術方法について

受傷直後は患部をアイシングし熱を抑えテーピング、包帯で適度に圧迫を加え腫れを抑えていきます。
また患部の周りを施術し滞っている血液循環を促し回復を早めます。
さらに鍼を用い患部の周りに鍼をすることで腫れ、熱を抑え早期完治に導きます。打撲で大切なのは初期の治療になりますので放置せずに気軽にご相談お待ちしております。当院では患者様に寄り添い1人1人にあった治療計画を経て患者様が満足いく治療を提供させていただきます。

ほーむ鍼灸整骨院の来院方法について

当院は予約優先制になっております。
まずはお電話で予約状況をご確認ください。
また、当院の公式LINEやGoogleからでもご予約も承っております。