腓骨神経麻痺

この様なことで
お困りではありませんか?

  • 足が動かしにくくなった
  • 感覚が鈍くなった
  • 内側からチクチクする痛みが出るようになった
  • 気になって眠れない時がある
  • 足首が背屈出来なくて下に垂れてしまう

腓骨神経麻痺とは?

腓骨神経麻痺は日常的に長時間、足組みをしている方が最もなりやすく膝の外側が外部からの圧迫により生じるものです。
下肢の骨折によるギプス固定をしているときに、腓骨頭部が後ろから圧迫されると起こります。
ガングリオンなどの腫瘤、挫傷(ケガ)、腓骨頭骨折やその他の膝の外傷などによっても生じます。

腓骨神経麻痺
主な原因と放置しておくとどうなるか

痺れによって正しい身体の使い方ができず、慢性的な腰痛や骨盤・背骨のズレに繋がってきます。

腓骨神経麻痺における
ほーむ鍼灸整骨院
具体的な施術方法について

ほーむ鍼灸整骨院では、生活習慣、既往歴など細かい部分まで把握したうえで原因をつきとめます。
治療例としては、
1.マッサージ
原因となっている筋肉・筋膜に対して手技を施し緊張を解き血流改善を促します。

2.鍼治療
鍼治療で深部の筋肉に対してアプローチし、血流改善を促して回復にかける時間を早めます。
3.骨盤の調整
身体全体のバランスを調整し、下肢にかかる負担を軽減させます。

ほーむ鍼灸整骨院は、患者様一人一人に合った最善の治療をご提供致しますので是非ご相談ください!

ほーむ鍼灸整骨院の来院方法について

当院は予約優先制になっております。
まずはお電話で予約状況をご確認ください。
また、当院の公式LINEやGoogleからでもご予約も承っております。