腰部脊柱管狭窄症

この様なことで
お困りではありませんか?

  • 信号が渡りきれなくなってきた
  • 歩いたり休んだりして歩くことが増えた
  • 痺れがある 下肢の筋力低下
  • 姿勢が変わってきた
  • トイレが間に合わなくなってきている

腰部脊柱管狭窄症とは?

腰部脊柱管狭窄症単体ではあまり痛みは強くなく安静にしているときにはそれほど強い症状は出ませんが背筋を伸ばして立ったり歩いたりすると下肢に痛みや痺れが出て来ることがあります。
また、歩いていて辛くなり前屈みで休む。少し休むとまた歩ける。また休む。
この症状は腰部脊柱管狭窄症の特徴的な間欠性跛行といいます。

腰部脊柱管狭窄症
主な原因と放置しておくとどうなるか

加齢や労働、脊椎の病気に伴い腰椎の椎間板変性や腰椎椎間関節の変性・黄色靱帯の肥厚によりおこり、脊柱管や椎間孔が狭窄されて神経を圧迫します。
圧迫を受けることにより神経の血流が低下し発症します。
放置しておくと神経症状の悪化や膀胱直腸障害と呼ばれる尿失禁や便失禁などの症状が出ることもあります。

腰部脊柱管狭窄症における
ほーむ鍼灸整骨院
具体的な施術方法について

腰椎椎間板の変性や黄色靱帯の肥厚などによるものなので根本的に治すことはできませんが、神経を圧迫している圧力を減らせるように姿勢改善のためのストレッチや自宅での生活指導、腰やお尻周りの筋肉をマッサージや鍼治療することで血流を良くして痛みの軽減を行います。
また、体幹や下肢筋力の低下に対するトレーニング指導なども行えます。
症状は一人一人違いますので問診を行いその方に合わせた治療を提案致します。

ほーむ鍼灸整骨院の来院方法について

当院は予約優先制になっております。
まずはお電話で予約状況をご確認ください。
また、当院の公式LINEやGoogleからでもご予約も承っております。